問題1:最も基本的なプログラム

この問題を解くためには…
 → 基本編第1日目参照

prob1-1.(難易度:★)

printf()を用いて、自分の名前を表示するプログラムを作りなさい。ただし、最後には改行をすること。

prob1-2.(難易度:★)

以下のプログラムを変更し、実行結果は同じでも、printf()がひとつしかないような形にプログラムを変更しなさい。
(ヒント:エスケープシーケンスを利用すること)

prob1-2:main.c
#include <stdio.h>

void main(){
	printf("123¥n");
	printf("456¥n");
	printf("789¥n");
}
実行結果
123
456
789

prob1-3.(難易度:★)

以下のプログラムは、1+1の計算を行うプログラムである。

prob1-3:main.c
#include <stdio.h>

void main(){
	printf("%d + %d = %d¥n",1,1,1+1);
}
実行結果
1 + 1 = 2

このプログラムの一部を改造し、4行目と同様な処理をもう一行追加して、以下のような実行結果を得るように改造しなさい。

改造後の実行結果
1 + 1 = 2
2 + 3 = 5

prob1-4(難易度:★)

prob1-3のプログラムを参考にし、以下のような計算を行う実行結果を得るプログラムを作りなさい。

期待される実行結果
1 + 2 + 3 = 6

問題2:演算と変数

この問題を解くためには…
 → 基本編第2日目参照

prob2-1.(難易度:★)

以下のプログラムを実行すると、キーボードから入力待ち状態になり、整数の値を入力すると、変数aにキーボードから入力された数値が代入され、その結果が画面に出力される。

prob2-1:main.c
#include <stdio.h>

void main(){
	int a;								//	変数a(キーボードからの値を代入)
	printf("a=");						//	キーボードからの入力を促す
	scanf("%d",&a);						//	キーボードから一文字入力
	printf("aの値は%dです。¥n",a);		//	aの値を表示
}
実行結果
a = 10   ← キーボードから整数値を入力後、改行
aの値は10です。

このプログラムをもとにして、2つの整数型変数、a,bにキーボードから値を代入し、その和、差、積、商、および剰余(割り算の余り)を求めるプログラムを作りなさい。

期待される実行結果
a = 9   ← キーボードから整数値を入力後、改行
b = 4   ← キーボードから整数値を入力後、改行
a + b = 13
a - b = 5
a * b = 36
a / b = 2
a % b = 1

prob2-2.(難易度:★★)

キーボードから、以下のように長方形のたての長さ、横の長さを取得し、その面積を求めるプログラムを作りなさい。

期待される実行結果
長方形の幅: 9   ← キーボードから整数値を入力後、改行
長方形の高さ: 4   ← キーボードから整数値を入力後、改行
長方形の面積は、36m2です。